うつ病や適応障害の休職は人に与えられた人生の転機。自分を見つめ直そう

今まで自分を犠牲にして会社のために懸命に働いてきた結果、疲れ切ってしまって働ける状態では無くなってしまった。

そんな状況になってしまう人は世の中に星の数ほど存在しております。

かつての僕もそうでした。

もし、それが原因でうつ病や適応障害になってしまい、休職や退職せざるを得ない状態になったのであれば、それは「人生の転機」なのです。

Sponsored Links

環境があなたに合わないからストレスになった


そもそも、なぜ休職せざるを得ない状況まで追い込まれてしまったのでしょうか。

それは、消化しきれない程にストレスを積み上げてしまったために他なりません。

ではストレスを感じてしまう理由とは?

実に単純です。職場の環境が自分に合っていないから。それだけです。

職場の環境…仕事内容かもしれませんし、人間関係かもしれません。

あるいは労働時間かもしれませんね。

環境が自分に合っていないと毎日のようにストレスを貯めてしまいます。

そして過剰なストレスを受け続けると人は思考力を失い、本来の力を発揮することができなくなります。

力を発揮できなくなると仕事がつまらなくなり、評価も下がる。ますます会社が嫌になっていく…という悪循環に入り込んでしまう。

ちなみにストレスの感じ方って人それぞれです。人によって全然違うんですよ。

だから

他のみんなはちゃんと仕事できているのに俺だけ仕事ができない…

というようなことも起こりえます。

でもですね、これは他の人にはストレスでない環境がたまたま自分にとっては耐え難い環境であるだけです。

本来、誰もがもの凄い仕事の才能を持っているものです。

ただ、それを発揮できる環境にいないのです。だからつらいんです。

ここで、少し僕の話をさせてください。

僕は部署異動の前は良い上司や同僚に恵まれていました。

毎日の仕事が楽しかったです。ストレスなんてほとんどありませんでした。

成果を上げることができていましたし、上司もそれを高く評価してくれていました。

もちろん、自信も付きます!だから仕事を楽しめるし頑張れました。

しかし、部署異動で環境が変わってからそれが一変

言いたいことが言えない重い空気の部署でした。上司も堅苦しい人で、非常に窮屈で毎日がストレスでした。

ちょっとしたミスであきれたようなため息を吐かれる…
分からないことを聞いてもそっけない態度で対応される…

この環境で僕は完全に萎縮してしまいました。

そうなると仕事を満足にこなせるわけもなく、やる気は失せます。

まさに「仕事ができない人間」になってしまいました。

仕事ができなくなり毎日のように怒られるようになりました。

それまで感じていた絶対的な自信はあっと言う間に崩れ落ちましたね。

そしてそんな状況が3ヶ月程続き、いよいよ精神的に耐えることができなくなり、会社から逃げるように僕は休職したのです。

環境ひとつで人の仕事っぷりって驚くほど簡単に変わってしまうんですよ。

自分が力を発揮できる環境は必ずある

精神的に限界を迎えてしまった原因は職場の環境が自分に合っていなかっただけなんですね。

環境が合っていないと

とにかく会社に行きたくない…
会社のことを考えるだけで休日も楽しくない…
いっそのこと死んでしまいたい…

このように思ってしまうことも当然なのです。

これは断じて甘えなどではありません。甘えの一言で済ませてはいけない大事なことなんですよ。

死にたくなるほどつらい思いって、自分自身の心から来るものなんですよ。

自分の力を発揮できるのは今の環境じゃ無いんだよ~

ということを自分自身の心が教えてくれているんです。

この心の声を決して無視してはいけません

多くの人は心の声に耳を傾けず、自分を騙して我慢してしまいます。

その結果として心が限界を迎えて潰れてしまうんですね。

これでは何のために生きているのか、何のために働いているのか分からなくなってしまいますよね。

では、今の仕事がつらい人は何をするべきなのか…

・今の環境を抜け出すこと
・自分にあった環境に身を置くこと

この2つです。

自分に合う環境をちょっと想像してみてください。

  • 周りに尊敬できる同僚がいて、素直に人の言うことを受け入れられる。
  • 仕事の成果が目に見えて、達成感を感じることができる。
  • 仕事で失敗しても、感情的にならずに一緒に問題解決を考えてくれる上司がいる。
  • 成功を共に喜んでくれる同僚がいる。
  • 軽い冗談を言い合えるような雰囲気でみんなが楽しく仕事をしている。
  • 自分の存在を心から受け入れてくれていると感じることができる。

もちろん、人によって理想の環境は違いますけど、僕にとっての理想の環境はこんな感じです。(仕事が充実していた頃の環境そのものです)

このような理想な環境に身を置くことができると精神的に病んでいたことが嘘だったかのように毎日が楽しくなります

仕事も充実します。

会社に耐えられなくなり休職することになった…これはまさに人生の転機なのです。

自分を見つめ直し、これからどうするべきなのかじっくり考えるときなのです。

自分を認めてくれ、力を発揮できる環境は必ずあります。

自分に合った環境を探す方法

環境を変えれば、今の悩みは驚くほど簡単に解決されます。

問題はどうやって環境を変えるか…ですよね。

大きく3通りの方法があります。

転職する

すぐに思いつくのが転職することですよね。

転職すれば今の会社の人とは関わりが無くなり、環境がリセットされます。

やってみたい仕事があるならば、思い切って転職活動を始めてみましょう。

うつ病だった人が転職した後、驚くほど元気になったという事例は数多くあります。

部署異動を要求する

でも可能であれば、下手な転職は避けたいのが本音だと思います。

キャリアに傷がつくかもしれないし、転職先が良いとも限らないですからね。

そこで一番リスクが少ないのが部署異動を会社へお願いすることです。

同じ会社でも部署が変われば環境は全然違います。

実際に僕も同じ会社の部署異動によって大きく環境が変わったわけですからね。

休職中であれば、何度か人事部や上層部との面談があると思います。

もし、入ってみたい部署が他にあるならばそのときにお願いしてみましょう。

会社としてもあなたのような貴重な人材を失いたくは無いはずです。

あっさり希望を通してくれるかもしれませんよ。

仕事を辞めてしばらくぶらぶらする

転職する気も起きないし、部署が変わったとしても今の会社には戻りたくない。

やりたいことも見つからない。

こういう方も多いと思います。

それならば思い切って仕事を辞めてみることです。

お金に多少の余裕があることが前提になりますが、バイトで食いつないでもいいですし、新しく何かを勉強するのも有りです。

世の中いろいろな生き方をしている人がいます。

そういう人たちと交流し世界を広げていく中で自分と合う環境が見つかるかもしれません!

独立する

働きたいんだけど、サラリーマンをしたくない…

つまり会社勤務が向いていないと感じる方ですね。

そういう方は独立する生き方が向いていると思います。

今はインターネットで個人で仕事ができる時代です。さらに経験や年齢はほとんど関係ありません。

ほんの10年前には考えられないことです。

世の中には思った以上に個人的な悩みを掲げている人がいます。

例えば…


痩せたいのに痩せられない
子育てで子供が言うことを聞いてくれない
女性との接し方が分からない

このような悩みを持つ人の多くはインターネットに助けを求めます。

あなたも個人的な悩みをGoogleで解決したことが何度もあるのではないでしょうか。

今度はあなたが悩みを解消する側に立つのです。

人々の悩みをあなたの経験や知識で解消してあげることができるのです。

その対価として報酬を受け取る。CtoCビジネスですね。

もちろん、インターネットで仕事する以上、Webデザインの知識が必要になりますし、マーケティングやその他勉強しなければいけないことは山ほどあります。

苦労することは多いと思いますが、独立して自分だけの仕事環境を作り上げるということも面白いですよ。

結局、世の中やってみないと分からないことばかり

環境を変えれば自分も変われる…とは分かっていても実際に行動するのって恐いんですよね。

環境を変えてもまた人間関係で悩んだらどうしよう…
失敗したら職歴に傷が付くだけだ…
むしろ今のままのほうがマシになるかもしれない…

これは誰もが一度は考えることです。

僕も退職することを会社に伝えるその直前までどうするか悩んでいました。

でも、結局は行動しないとそれが正解かどうかなんて分からないんですよ。

悩むことは大事ですけど、それ以上に行動することが大切です。

失敗しても健康体でいれば人生なんとでもなるものです。

まとめ

休職するほどに仕事で精神的に追い詰められてしまう人はたくさんいます。

ただ、それは同時に自分の生き方を見直すチャンスを得たということです。

そう思えば苦しい思いをしたことも無駄ではないんですよね。

僕も休職中毎日がつらかったですが、今では良い経験をしたと思っています。

だって、順調な人生を歩んでいる人には決して知り得なかったことを知れたのですから。

今一度、自分自身を見つめ直し自分に合った環境を探してみましょう。

大丈夫、人生は必ずどうにかなるものです!

 
Sponsored Links