本サイトにはプロモーションが含まれています

僕がパズドラを辞めてよかったと思う2つのこと

こんにちは、わにてぃです。

あなたはソーシャルゲーム、いわゆるソシャゲをやっているでしょうか?

僕はパズドラをやっていました。大学2年生のクリスマス(2012年12月)に友人に勧められて始めたんですね。その日からログインを欠かした日はありません。

そんな僕も5ヶ月前(2017年7月)についにパズドラをアンインストールしました。

実に4年半ほどの期間パズドラやってたことになります。歴史を感じてしみじみした気分になりますね(笑)

ただ、流石に辞めた直後は結構そわそわしていました。

パズドラやりてぇ…

とね。毎日やってたのですから、いきなり無くなると落ち着かないのです!

ですが、辞めて良かったと思うことは結構あります。

パズドラに限りませんが、世間ではよくソーシャルゲームについての話題が上がりますよね。

今回はそんなソーシャルゲームについて僕のパズドラの経験を例に書いてみました。

Sponsored Links

ソーシャルゲームのいいところ

パズドラを辞めて良かったと思っている僕ですが、ソーシャルゲームが悪いものだとは思いません。やってて良かったなと思うことも結構あります。

ゲームを通じて人と仲良くなれる

まず、一番大きいのがこれです。僕は友人に勧められてパズドラを始めたわけですが、それがきっかけでその友人との仲が深まりました。また、勧めてくれた友人に限らず、世の中にはパズドラユーザが数多くいます。

僕の兄もパズドラをやってましたし、新しく始めたバイトで出会った人もパズドラをやっていました。話しているともちろんパズドラの話題で盛り上がります。そして、仲が深まるんですね!

僕はモンストはやったこと無いんですけど、これなんかは複数人でプレイするものだから尚更みんなと楽しくできるものなんじゃないかなと思っています。

ソシャゲに限った話では無いですが、ゲームって人と人を繋げてくれる役割もあるんですよ。

気分転換になる

また、気分転換にもなります。僕もちょっと勉強や仕事に疲れたときにパズドラをやってリフレッシュすることが多々ありました。

初めて難関のダンジョンをクリアしたときなんかもすごく気分が良くなります!

暇つぶしになる

ちょっとした隙間時間や何も予定の無い休日によくパズドラをしていました。暇な時間を潰せるので余計なことを考えないで過ごせます。

僕がパズドラを辞めた理由

それでも、僕はパズドラを辞めました。以下の理由で、これ以上続けても良くないなと思ったからです。

周りにプレイしている人が減った

一番パズドラを楽しんでいた時期は一緒にプレイする友人が近くにいました。しかし、大学を卒業し社会人になると近くでパズドラをやっている人がかなり減るんですよね。

一人でプレイすることが多くなっても惰性でずっと続けていたんですけど、やっぱり友人とやる方が楽しいです。

その内、作業の感覚でプレイするようになり、だんだんとゲーム本来の面白さが感じられなくなりました。

時間が食われる

暇つぶしや気分転換になることは良いことです。しかし僕の場合、過剰にはまってしまって一日の大半をパズドラに費やすことが何回かありました。時には寝る前にずっとやっていて、気付いたら深夜2時になって寝不足で次の日に会社に行くこともありましたね。

日常生活に支障が出るほどに時間を使ってしまうことが増え、このままじゃ駄目だなと思いました。

辞めて良かったと思うこと

そして、僕はパズドラをアンインストールして強制的に辞めました。すると、思っていた通り良いことがありました。

プレイの義務感からの解放

パズドラ以外でも同じだと思いますが、ソシャゲってログインボーナスであったり、時間限定イベントがあったりします。そうすると、毎日プレイする必要があったり、特定の時間帯は絶対にプレイしないといけないという義務感が発生します。

ひどいときは、ソシャゲ中心の生活になってしまいます。

しかし、パズドラを辞めたことでこの義務感から解放されました。なかなか気楽になりましたね!

使える時間が増えた

今までパズドラに使っていた時間を他のことに費やせるようになりました。アンインストールした直後は空いた時間に何をすれば良いのか分からなくなったりもしたんですが、少しずつ有意義なことをするようにしました。

本を読んだりブログを書くことはその最たるものです。パズドラを辞めたからこそ、たくさん本を読んだり毎日欠かさずブログを書く習慣を身につけることができたと思っています。

もちろん、パズドラが原因で夜更かしすることも無くなりましたよ。

プレイするのが楽しいならば辞める必要は無い

僕の場合、一緒にプレイする友人がいなくなっても惰性でずっとプレイを続けていました。しかし、惰性で続けると本来の楽しみが感じられなくなります。これでは続ける意味が無いと判断して辞めたんですね。

ですが、プレイすることが楽しいのならば話は別です。無理に辞める必要は無いと思います。自分自身が楽しくてやっていることはゲームだろうが辞めない方がいいです。

ただ、惰性でやっていて、あなたの時間が多く削られていると感じているならばいっそのこと辞めてしまってもいいんじゃないかなと思いますね。

まとめ

僕のパズドラを例にソシャゲについてお話しました。

ソーシャルゲームには良いことが多くあります。楽しいし、人との繋がりにもなるし…

ただ、ソーシャルゲームの特徴として楽しくなくなっても惰性で続けてしまう人が多いです。

もし、あなたもソシャゲを続けることに疑問を感じる一人ならば、一気にアンインストールしてしまって強制的に辞めてしまうのも有りかと思います。

僕はパズドラから離れることで時間を有意義に使えるようになりましたよ!

それでは今回はこんなところで!

 
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です