なかなか別れられないメンヘラ彼氏。上手な別れ方のコツはある?

うっかりメンヘラ男と付き合ってしまった結果、激しい束縛や嫉妬で身動きが取れなくなってしまった、というケースは少なくありません。

メンヘラ彼氏を別れるには、気力も体力も必要ですが、一緒にいるのが辛いと感じたら、できるだけ早く行動を開始しましょう。

メンヘラ彼氏は、別れ方を間違えると、ストーカーになってしまったりする恐れもあるため、話を切り出す際には注意が必要です。

まずはしっかりと下準備を行い、順序を踏んで話を進めて行きましょう。

Sponsored Links

メンヘラ彼氏となかなか別れられない理由

付き合っている相手がメンヘラ男だと分かっていても、すぐに別れを選ばない女性が多いですよね。この理由は一体なぜなのでしょうか?

まずはよくあるケースから、真相を探っていきましょう。

別れられない理由その1:離れたら彼がダメになりそう

メンヘラ男が持つ特徴の一つに、大きすぎる愛情表現があります。

「俺には○○しかいない」
「○○がいなくなったらどうしたらいいの?」

そんな言葉を真に受けてしまうと、メンヘラ彼氏へ別れを切り出せなくなってしまうでしょう。

特に別れ話の時は、メンヘラ度が一気に上がります。

何が何でも手放すものかと、普段以上に優しくなったり、プレゼントをくれたり、甘い言葉をささやいたりしますが、メンヘラ男の本質は変わっていません。

離れないと分かった瞬間、元通りの関係に戻ってしまうため、情に流されることなく別れ話を進めて行きましょう。

別れられない理由その2:話を切り出すのが怖い

メンヘラ彼氏と長く付き合ってしまうと、知らないうちに相手のペースへ巻き込まれてしまいます。

「こんなことを言ったら怒るんじゃないか」

と毎日顔色をうかがいながら、生活している女性も少なくないでしょう。

メンヘラ男は自分が上の立場だと思っているため、下に見ている彼女からの別れ話が許せず、罵倒したり、無視したりといった行動に出る場合が多くあります。

この行為に怖さを感じてしまい

「怒らせないように」
「波風が立たないように」

そう我慢してしまうと、別れが遠のいてしまうでしょう。

別れられない理由その3:別れるなら死ぬと言われた

メンヘラ男の最大の武器は、

「別れるなら死ぬ」

などの無茶ぶりです。

実際に飛び降りようとしたり、自傷行為をしたりして、彼女をつなぎとめようとする場合もあるでしょう。

「自分のせいでメンヘラ彼氏が死んでしまったら」

と考えると不安になりますが、メンヘラ男は自分が可愛いため、別れたからといって本当に死を選んだりはしません。

多くの場合、立ち直った後で別の相手に同じことを繰り返すだけですから、自殺をほのめかすようなメンヘラ男とは距離をおき、自分の人生を取り戻しましょう。

メンヘラ彼氏と別れる方法と注意点

メンヘラ彼氏との別れを決めたら、行うべき行動や注意点があります。

あいまいな別れ方を選んでしまうと、ストーカーになったり、しつこく復縁を迫られたりする結果になってしまうため、上手な別れ方を覚えた上で、実行していきましょう。

<メンヘラ彼氏との別れ方その1:メンヘラ男から嫌われる

女性のことを支配し、思い通りにしようとするメンヘラ男。

そんな性格だからこそ、別れを決意したら、相手から嫌われる行動をあえてとってみましょう。

メンヘラ男の趣味ではない場所へ誘ったり、あまり好きではない料理を作ったり。

そんな行動を続けるうちに、

「もっと○○できない?」
「他の女はちゃんとやってる」

などの言葉を吐くでしょう。

このタイミングを見逃さず、

「私には無理」
「私にはできない」

と拒否することで、きれいに距離をおけます。

「俺が悪かった」
「別れるほどではない」

といった引き留め方をされても、

「私には自信がないから」

と突き返しましょう。

メンヘラ彼氏との別れ方その2:第三者に入ってもらう

相手のことが怖くて別れを言い出せない場合は、親や友人など誰かに間へ入ってもらいましょう。

二人以外の人間がいることで、メンヘラ男は急に大人しくなります。このような場であれば、スムーズに別れ話を進められますよ。

第三者がいることで、別れ話の証人を持つこともできます。

二人だけの話し合いでは、別れ話がなかったことにされてしまうケースも多いため、できる限り立ち会ってもらうのがおすすめです。

頼める相手がいない場合も、メンヘラ男からの罵声や暴力を防ぐため、別れ話は飲食店など人目のある場所でするようにしましょう。

メンヘラ彼氏との別れ方その3:あいまいな言葉はNG!

メンヘラ彼氏との別れ話では、

「ちょっと距離を置きたい」
「一度別れて考えたい」

など、時間が経てば再び復縁できるような表現は、控えるようにします。

このような言葉を選んだ方が相手の心を傷つけずにすみますが、メンヘラ彼氏を待たせる結果になり、関係を完全に断ち切ることができません。

一度別れを決めたら、きっぱりとした言葉を選び、その後は何があっても会わないという強い意志を持ちましょう。

顔を合わせる可能性のある場所には立ち寄らない、SNSなどはできればリセットししばらくは投稿しない、といった配慮も必要です。

まとめ

別れ話は大変ですが、期間が長くなればなるほどメンヘラ彼氏の依存が強くなり、話がもつれてしまいます。

我慢してしまうと、自分の心がボロボロになってしまう可能性もあるため、できるだけ早く行動を起こしましょう。

「同棲中で自分の収入がない」「実家に頼ることができない」など、距離を置くのが難しい場合は、各自治体などの女性相談窓口で相談する、という方法もありますよ。
あらゆる方法を検討しながら、自分に一番合った別れ方を見つけてくださいね。

 
Sponsored Links